ブライダルローンをご祝儀で返済できる?足らない時の対象法は?

ご祝儀で返済できるのか

ご祝儀
結婚式や披露宴の見積もりをしてみて、そもそも借金をしてまで結婚式を挙げるべきなのか?と悩む夫婦も多いです。
しかし、一生に一度の結婚式です。

お金が足りないという理由で理想の結婚式や披露宴を諦めるのも悲しいですし、後で後悔するかもしれません。
借金に対して不安や抵抗がある場合は、ご祝儀で返済できる額までの借入れにするというのも一つの方法です。
ご祝儀額は招待人数によっては高額となり、ご祝儀額の範囲内で結婚式を挙げることや、ローンを一括返済することが可能です。

ただし、ご祝儀で一括返済したい場合は、ご祝儀が想定した額いただけるかによって一括返済できるかが変わって来るため、不安があると思います。
ご祝儀の平均は232万円とも言われていますが、招待客の数や親族と友人の割合によっても金額が変わってきます。
ご祝儀は低く見積もっておき、ご祝儀で足りなかった場合の返済計画もしっかりと立てておく必要があります。

また、ご祝儀額が不安な場合は、会費制にすることも一つの手です。
会費制であれば集まる金額が決まっているため、安心してローンを組むことができます。

結婚式にかかる費用一般総額とは

結婚式費用は、一般的に300~350万円かかる場合が多いです。

費用の内訳例(ゲスト70人程度の場合)
挙式料31万円
料理、飲み物123万円
写真22万円
別撮り撮影16万円
ビデオ、DVD18万円
映像演出9万円
引出物、引菓子36万円
新婦ウエディングドレス25万円
新婦カラードレス22万円
新郎衣裳16万円
装花、ブーケ22万円
司会7万円

料理のランクUPや演出など、内容によっては費用がプラスされてより高額になることもあります。
一方で、手作りのウェルカムボードやレンタルドレスの持ち込みなどをすれば、費用を減らすことも可能です。
費用を抑えたい場合は自ら積極的に準備するのがおすすめです。

ご祝儀事情

ご祝儀の相場は2~3万となっています。
これに人数をかけることで、事前にご祝儀額を想定しておくことも可能です。
親族からのご祝儀は平均6万円と言われているため、招待客に親族が多ければ、相場(2~3万円)で計算した額よりも総額が多くなる可能性があります。

また、招待人数が多ければ多いほどご祝儀額が大きくなるため、式代以上の金額となって利益が出る場合もあります。
このように、結婚式をした場合はご祝儀でたくさんのお金をいただくことになります。

ご祝儀の額を招待人数が70人の場合と100人の場合で比べてみると、70人の場合は招待人数70人×ご祝儀3万円=210万円、100人の場合は招待人数100人×ご祝儀3万円=300万円となります。
100人招待すれば上記した一般的な結婚式費用である300万円をご祝儀で賄うことができる計算になります。

このように、事前に予想したご祝儀額内に結婚式費用を納めるようにすれば、自分たちの貯金などを使う必要がないため、手持ちのお金が少ない時にも結婚式を行うことができます。
ただし、ご祝儀で支払いをする予定で手持ちのお金がない場合は、後払いできる式場を選択するか、一旦はローンで支払わなければならないため注意が必要です。

ブライダルローンの使い道

結婚式や結婚指輪、新婚旅行(ハネムーン)のためのお金を借りることができるのがブライダル専用ローンです。
それだけでなく、ブライダルローンに使える物事は他にもあります。

  • ブライダルエステ
  • ウエディングドレスレンタル、購入費用
  • 新郎衣裳レンタル
  • 新居で使用する家具の購入費用
  • 新居への引っ越し費用

ブライダルローンを申込みする時には、これらのどの項目にいくらかかるのかという使途の確認が行われます。
借入先によってはブライダルローンの使途として扱えない使い道である場合もあり、借入れができないこともあるので注意が必要です。

また、カードローンをブライダルに利用する場合は、使用使途の限定がありません。
カードローンで借りたお金は、自由に使って良いのです。
ブライダルローンと異なり使途の確認も必要ないため、ブライダルの費用にする目的で借りたお金を、車の購入や帰省費用など他の目的に使うことも可能となります。

収入はご祝儀のみ

ブライダル関連で現金収入となるものはご祝儀だけです。
結婚式以外には二次会や結婚指輪購入、新婚旅行などに出費がありますが、すべて夫婦どちらか、もしくは二人合わせての出費となります。
両親からの援助がある場合もありますが、多額の援助をしてもらえるケースは多くありません。

また、援助は受けずに、自分たちの力で結婚式をして感謝を伝えたいという夫婦も多いため、その場合は貯金とご祝儀に頼ることになります。
結婚式費用のみをご祝儀で賄うことは可能ですが、ブライダル関連費用のすべてをご祝儀で賄うのは、厳しい場合があります。
その時には、ローンを組むことを選択肢に入れる必要があるかもしれません。

返済プラン

ご祝儀一括返済

ご祝儀を使って、借りたお金を1回で完済する方法です。
この方法を使えば、式場が前払いしかできないけれど式代はご祝儀で支払いたいという人でも、結婚式費用を一旦ローンで支払い、ご祝儀でローンを完済するということが可能となります。

また、一括で返済することでローンの金利負担が少なく済み、後の生活への影響が最小限にできるというメリットがあります。
実際のところご祝儀で一括返済できた割合は45%と言われ、一括返済する予定だったものの、3年以上かかった人の割合は36%と言われています。

ご祝儀で一括返済ができるということでローンへの心理的ハードルが低くなることがありますが、予想していたよりもご祝儀額が少なかったり、別件でお金が必要になったなど、計画通りに行かない可能性もあるので注意が必要です。

分割払い

分割の場合の月額支払い料は、ボーナス払いをするかどうかでも異なります。

例えば100万円の借入れを金利6.5%で5年間借りた場合は、月19566円、ボーナス払いありの場合は月9783円(ボーナス払い59365円)となります。
分割払いの場合、同じ金額を借りた場合でも返済期間が短ければ短い程、金利の負担が少なくなるという特徴があります。

しかし、返済期間が短ければその分月々返済する金額は大きくなるため、自分たちが月にいくら返済にあてられるのかをよく考える必要があります。
また、10年間などの長期で借入れをすることも可能ですが、借入先によって返済期間の設定が最長何年間なのかが異なります。
長期で借入れをしたい場合は注意が必要です。

分割払いをすると、月々の支払い額によっては結婚後の生活への負担が大きくなることもあります。
急な支払いや妊娠出産など、予想していなかったことが起こっても普段通り生活出来るように、無理がない返済計画が必要です。
事前に新婚生活に支障はないかどうか、今後の生活を想像しながらシミュレーションしておくことが大切です。

ブライダルローンの返済と注意点

ブライダルローンの利用者は、手持ちのお金が少ない人やご祝儀で支払いをしようとしている人がほとんどです。
なぜなら、式場への支払いは前払いが多く、ご祝儀を使って支払うことができないケースが多いからです。

そういった時にブライダルローンを利用することで、ご祝儀をいただく間のタイムラグの解消ができるため便利です。
このようなブライダルローン商品の中には、式場とローン会社が提携しているものがあります。
これには、式場から案内されるパターンとローン会社から提携式場を選択する2パターンがあり、どちらもローン会社が提携先の式場に直接支払いをしてくれる立替払いができます。

それにより、結婚式前後の支払いをよりスムーズに済ませることができるというメリットがあります。
他には、カードローンでよく目にする無利息期間を用意しているブライダルローン商品もあります。
ご祝儀ですぐに完済できる場合は利息0円で利用することができるため、とても便利で安心です。

ブライダルローンでお金を借りた場合は、返済は挙式後からとなります。
ご祝儀や貯蓄で返済できる分は、返済が始まってすぐに、少しでも多く返済しておくことがポイントです。
その理由は、借入れている金額が少なければ(返済期間が短くなれば)支払う利息の額も減ってくるからです。

返済時の注意点としては、ご祝儀などを利用して一括返済や繰り上げ返済した場合に、手数料がかかる場合があるという点が挙げられます。
1回目の返済で全額返済する場合でも、かかる利息を確認しておく必要があります。

カードローンを利用する場合の注意点としては、返済開始のタイミングが挙式と関係なく決定される点が挙げられます。
カードローンはブライダルローンと異なり、事情を考慮してもらえません。
タイミングが合わなければ、お金を用意できていない状態で支払いが始まってしまうことも考えられます。

そのため、借入れのタイミングと返済開始時期を自分で計画し、なるべく払う利息を少なくすることがポイントです。
返済に関する決まりは、商品概要や利用条件に記載されていて、返済方法や一括返済、繰り上げ返済の手数料の有無などを確認することができます。

各社のHPなどで簡単に確認することができるので、細かい点まで事前によく読んでおくことが大切です。

ご祝儀も返済に!ブライダルローンの上手な利用方法

指輪
ブライダルローンで結婚式費用すべてを借入れしようとした場合は、今後の生活に影響が出る可能性があります。
大きい金額を借り入れると返済期間も長くなることが多く、何年も支払いをしなければなりません。
その間に生活環境が変わると、支払うことが困難になってしまう可能性もあります。

さらに、返済が長期間になってしまうと、なかなか貯金ができない生活が続くことになります。
完済すれば月々支払っていた金額分を貯金にまわすことができるため、新生活や今後のためにも、できる限り早く完済して貯蓄できる状態に切り替えることが大切です。

しかし、例外として、結婚式費用全額をローンで借入れたとしても、ご祝儀額の範囲内で結婚式を計画していた場合はご祝儀で一括返済することも可能です。
ただし、予想した金額より少ない可能性もあるため、ご祝儀をあてにしすぎず少なく見積もることが大切です。

また、一括返済できないパターンでも、繰り上げ返済等を利用してご祝儀を早く返済にあてることがポイントです。
そうすることで残額が大きく減り、完済までの返済期間が短くなる、月々の返済が少なく済むなどのメリットがあります。

結婚式や披露宴など、前から持っていたイメージ通りにしたい、一生に一度なので妥協せず満足できるものにしたいなど、希望に合わせるとどうしても費用がかかります。
それを実行するためにローンを組む人も多いですが、一生に一度の記念であっても、今後の返済に無理があるような金額や計画で借入れをすることはおすすめできません。
ブライダルローンは、どうしても足りない分を補ったり、身の丈に合った金額で利用することが大切です。