【ブライダルローンと総量規制】借入先で異なる限度額

ブライダルローンにも総量規制がある?

悩む二人
 借入先によって適用される法律が異なり、それによって総量規制の対象かどうかが変わってきます。

銀行のブライダルローン

 銀行法という法律が適用されます。
総量規制は別の法律である貸金業法の中の規定なので、対象外となります。

信販会社のブライダルローン

 信用販売(立替払い)の場合は割賦販売法が適用されるため、貸金業法である総量規制の対象外となります。

ただし、信販会社が発行するクレジットカードのキャッシング枠で借入れした場合などは貸金業法が適用されるため、総量規制の対象となります。

消費者金融のブライダルローン

貸金業法が適用されるため、総量規制の対象となります。

そもそも総量規制とは?

貸金業法という法律の中の規定で、多重債務者の増加を防ぐ目的で作られた規制です。
消費者金融や信販会社などの金融機関が総量規制の対象となります。

この規制により、借入れの理由などによって除外や例外となる場合もありますが、個人の年収の3分の1を超える借入れはできません。
ブライダル費用の借入れは高額になる場合が多いので、年収の3分の1以上を借入れしたい場合は総量規制対象外の借入先を選択する必要があります。

また、1社から50万円以上、複数社合わせた借入金額が100万円以上の場合は、収入証明書の提出が必要となります。
収入証明書として使えるものは源泉徴収書、支払調書、給与の支払明細書、確定申告書、青色申告決算書などがあり、どれも事前に用意する必要があるため、注意が必要です。

適用される法律が異なる銀行や信用金庫、農協は総量規制の対象外ということになりますが、年収に関係なく借入れできるからといって、多額を借入れできるとは限りません。
特に銀行は審査が厳しく、高額な借入れができるかどうかは別問題となります。
基本的には自分の年収に見合った借入額となるため、注意が必要です。

借入予定先は総量規制の対象?

銀行はすべて総量規制対象外となるため、わかりやすいです。
消費者金融の場合はすべて総量規制の対象となりますが、消費者金融なのか信販会社なのかわからない場合もあります。
このような場合は、問い合わせてみるのが確実な方法です。

また、信販会社の場合、キャッシングの利用は総量規制の対象となりますが、車のローンなどのように売買代金を分割して払うケースでは、割賦販売となるため対象外になります。

基本的には、銀行以外でお金を借りるという場合は貸金業法が適用され、総量規制の対象となると覚えておくとわかりやすいです。

ブライダルローンをどこで借りるか迷ったら

カード

借入の予定額から考える

総量規制の対象となる場合は、年収が300万円あったとしても、借入れできる額は100万円ということになります。
そのため、借入れしたい額が大きい場合は、総量規制対象外である銀行や信販会社のブライダルローン、もしくは銀行カードローンを選択し、消費者金融は避けておくのがおすすめです。

一方で、借入れしたい額が少額の場合は、消費者金融も選択肢に入れて、一括返済をしても手数料がかからないカードローンを選ぶのがおすすめです。
一括返済や繰り上げ返済を利用すると手数料がかかる会社は意外と多いので、ご祝儀を使って返済する予定の人には特に大切なポイントになります。

自分自身の収入から考える

 収入が少ない場合は、総量規制の対象となる消費者金融のブライダルローンは避けて考えるのがおすすめです。
ローンの利用方法としては、ブライダル費用のどうしても足りない額だけを借入れ、費用のほとんどを貯金などから捻出する方法をとる必要があります。
なぜなら、費用の全額をローンで支払い、後にご祝儀で完済する方法は、限度額が大きくないとできないからです。

 一方で、高額の安定収入がある場合は多くの選択肢があるため、より金利が低いところを選択することができます。

審査が心配

ブライダルローンなどの目的別ローンよりは審査が緩いといわれる、銀行や消費者金融のカードローンを考えるのも手です。
ただし、カードローンを利用する場合はブライダルローンよりも限度額が低くなることが多いため、当初考えていた借入額が高額の場合は、少額に抑えて申込む必要があります。

 また、カードローンであればパートやアルバイトなどで年収が低い人でも借入れできるところもあり、ブライダルローンよりも審査への不安を少なくして申込むことができます。