ブライダルローン審査に通らない理由※通らなかった場合の対処法

ブライダルローンの審査に落ちる人の特徴

落ちる人
以下の条件に当てはまる場合は、審査通過が厳しくなります。
申込み前に確認して、当てはまる人は申込み自体や審査に落ちた場合どうするかを検討しておく必要があります。

融資条件を満たしてない

予め記載されている年齢などの基本的な条件を満たしていなければ、当然審査落ちとなります。

しかしそれだけではなく、明確に記載されていない条件である収入や雇用形態、勤務年数などが各社の条件を満たさない場合も、審査に落ちてしまいます。

  • 収入が200万円以下
  • 正社員以外の雇用形態
  • 勤務年数が短い(特に1年未満)

これらに当てはまる人は審査に落ちる可能性があるため、特に注意が必要です。
状況を改善してから申込みをするなどの対策が必要かもしれません。

過去に滞納履歴がある

滞納履歴があると、今回も滞納するのではないかと思われて信用度が下がり、返済能力がないとみなされてしまいます。
借入れをしたことがない人も、クレジットカードの支払い忘れなどで履歴が残っている場合もあります。
頻繁に支払いを忘れて滞納している人は注意が必要です。

債務整理、自己破産の過去がある

債務整理には、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産という種類があります。
5年から10年以内にそのような方法をとったことがある人は、次の借入れで断られることが多いので注意が必要です。
年数が経っていたり、債務整理をした本人以外であれば影響はありません。

複数の金融会社からローンを借りている

現在借入れをしている人は、借入額や年収によっては返済能力がないと判断される場合があります。
1カ所で借入れをするよりも返済が滞りやすいため、自分自身のためにも現在の借入れを返済し終えてから、新しく借り入れをするのがおすすめです。

信用情報がない

今まで借入れをしたこともなく、クレジットカードも持っていないので滞納の心配もない、と安心している人も多いかもしれません。
しかし、ローンやクレジットカードの申請を全く行ったことがない人の場合、信用情報がないためにその人の信用度がわからず、審査に落ちてしまうこともあります。
そのため、対策としてはブライダルローンに申込みをする前に、クレジットカードの申請をしてみるのがおすすめです。

上記してきた条件に当てはまらず、本人に問題がないような場合でも、会社の経営状況に問題があり審査に通らないというケースもあります。
どんな人でも審査を受けてみないと通過できるかどうかはわからないので、審査に通るか心配しすぎないことも大切です。

審査が通らない場合どうしたらいい?


ブライダルローンの審査に落ちる人の特徴に当てはまる場合は、以下のような対策方法があります。

借入金額の減額

借入れ希望額が少なければ、返済能力があると判断してもらえる可能性があります。
そのためには、ブライダル費用を見直し、借入れを最小限にする工夫が必要です。

例えば結婚式費用の見直しを考える場合、式場だけでもホテルや専門式場、レストラン、ゲストハウスなど様々な場所の選択肢があります。
ホテルや専門式場を利用した挙式は250万円程度かかる場合が多いですが、レストランを利用すれば200万円以下に収まることが多く、最もリーズナブルなのでおすすめです。
例外として、ホテルなどでは時期や時間帯などによって通常よりも安く挙式できるプランもあるため、よりリーズナブルにできる可能性もあります。
HPなどで情報をチェックして比較するのがポイントです。

また、ドレスや小物は持ち込みにするなどの工夫もおすすめです。
手作りすれば費用を大幅に抑えられるアイテムもあります。
挙式費用は、アイデア次第で理想を実現しつつも安く抑えることが可能です。

カードローンを検討

ブライダルローンの審査に通りにくい状況の人でも、一般のカードローンや高めの金利設定のところでは審査に通ることが多いです。
また、カードローンの方が申込み時に必要な書類も少なく、審査も最短即日に回答してもらえるため、審査に通ればすぐに借入れをすることも可能です。

ただし、ブライダルローンの金利は5%~7%なのに対しカードローンの上限金利は15%~18%となっていて、一般のカードローンでもブライダルローンより高い金利になることが多いため、注意が必要です。

申込者の変更

結婚相手や親にお願いすることで、借入れができる可能性があります。
その場合、年齢や年収、雇用形態によってはブライダルローンに申込みできないケースもあるため、注意が必要です。

審査に落ちた場合

実際に申込みをして審査に落ちてしまった場合も、同様に借入額の減額やカードローンの検討をする必要があります。

申込み先の検討

借入額の減額をして申込みし直そうと思った時、もう一度同じローン会社に申込みをしてはいけません。
なぜなら、金額が問題であった場合は、希望額よりも実際に借入れできる金額が減額されて審査に通っていることが考えられるからです。
そのため、再度ブライダルローンに申込みをする時には別の会社を選択する必要があります。
この際、申込みするのは1社にしておきます。
そうすれば、一度に複数の会社に申込みをしているわけではないので、申込みブラックにはなりません。

また、式場が提案してきたローン会社だけではなく、金利などの条件が似ている別の借入先がないか、自分で探してみることも大切です。
複数社見ていくうちに、最初の会社よりも自分に合った会社が見つかるかもしれません。

配偶者予定の人に申込んでもらう(無職は無理)

ローンは基本的に名義本人の審査となるため、結婚相手名義で申込みしてもらえば、審査に通る可能性があります。
ただし、同じローン会社ではなく別のローン会社を選択することが必要です。

また、既に審査に落ちてしまった人が保証人になっているとまたひっかかって審査に通らない可能性もあるため、注意が必要です。

ブライダルローンの審査が厳しいのは

ブライダルローンは一般的なカードローンなどに比べて金利が低く設定されているため、信用度の高い人にしか融資しないように審査基準が厳しくなっているのです。
これに比べて、カードローンなど比較的審査が通りやすいようなローンは金利が高く設定されています。

そのため、カードローンは長期間借入れをすると利息の支払いも多くなり、負担が大きくなるため注意が必要です。
しかし、すぐに完済できれば負担が少ないため、金利設定が多少高めの会社でも、ご祝儀で返済できる予定の額を借入れする場合は、利用をおすすめできます。

ブライダルローンの審査が厳しいからといって、審査不要などと謳っている金融会社を利用しようとするのは危険です。
安心して借入れできるところなのか、情報を調べたり、不安な場合は大手を利用するなどの対策が必要です。

まとめ

ブライダルローンに申込みする前に、自分が審査に通るのかを考えることが大切です。
ブライダルローンは申込みまでに準備する書類も多く、時間と手間がかかります。
自分は審査に通る確率が低いと感じている場合は、最初からカードローンに申込みするというのも良い選択です。

どのローンを利用する場合でも、十分に検討する時間を設け、自分たちに最も合う借入れ先を探すのが大切です。