ブライダルローン審査を大調査※借りるにはドコがみられている?

ブライダルローンの審査とは


基本的な条件は普通のローンと変わりません。
安定収入があり、返済の見込みがあることが必要条件となります。

一般的なブライダルローンの審査項目は、5つです。

  • 安定収入があること
  • 満20歳以上満60歳(65歳)未満で、完済年齢が65歳(70歳)であること
  • 日本国内(営業地域)居住であること
  • 保証会社の保証が受けられること
  • 使用使途が借入先の基準に合っていること

ブライダルローンならではの条件として、使用使途の証明が必要になるなど提出書類が多く、他のローンよりも審査が厳しいと言われています。
カードローンなどに比べて準備の手間や時間もかかりますが、審査に通れば式代の支払いに合わせてお金を借りられる、直接式場に支払いをしてもらえる、
金利が抑えられるなどのメリットがあるため、ブライダルローンを利用したい人は多いです。

ブライダルローンで重要視する5つのポイント

収入

明確に記載されていない場合も多いですが、年収200万円以上が審査に通る基準となっている場合が多いです。
中にはさらに年収が高くなければ借入れできないところもあります。
ブライダルローンではカードローンなどに比べて借入れ額が大きくなることが多いため、それ相応の収入がないと借入れできないようになっています。

借入れ希望額

ブライダルローンの限度額は各社異なりますが、300万円のところが多いです。
限度額いっぱいまで借入れすることも可能ですが、年収が少ない人が多額の借入れ希望額を記入していた場合は、
返済できない可能性があるとして審査に通らないこともあります。自分の年収に対して無理せず返済できる額を希望することが大切です。

勤務年数

一つの勤務先で長く働いている人は信用性が高く、審査に通る可能性が高いです。
そのため、勤務先を点々としている人や転職したばかりの人は注意が必要です。

使用使途

ブライダル関連の事柄でも、借入先によって使用使途として認められるものと認められないものが異なる場合があります。
特に、新婚旅行代のみでの利用や引っ越し代などは注意が必要です。

信用情報

過去の返済で滞納しているなどの情報があると、審査に通らない可能性があります。
情報は5年程度残っているため、注意が必要です。

審査に必要な書類はどんなもの?

証明書
借入れ先によって少しずつ異なる場合がありますが、基本的には以下の書類が必要です。

  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 勤務年数確認書類(健康保険証など)
  • 所得証明書類(源泉徴収票など)
  • 使用使途証明書類(見積書など)

運転免許証などは簡単に用意できますが、事前に用意しなければならないものも多く、準備に時間がかかることもあります。
そのため、申込み前に必要書類ややることリストを作成し、当日に不備がないようにすることが大切です。
この書類で合っているのかなど、不安な点が出てきた場合は事前に確認しておくことがおすすめです。

保証人や担保は必要なの?

ブライダルローンの場合、原則保証人や担保は不要で利用することができます。
借入先が指定する保証会社の保証を受ける場合もあり、その場合は保証会社の審査に通る必要があります。
 
保証人や担保が不要で借入れできるのは利点でもありますが、自分でしっかりとした返済プランを立てる必要があります。
借入れ先の返済シミュレーションなどを利用しながら、夫婦でよく考えて申込みをすることが大切です。

申し込みの流れ

カードローンなどは仮審査がなく、申込みをして審査に通ればすぐに借り入れすることが可能ですが、ブライダルローンの場合は仮審査があります。
ブライダルならではの事情に対応するため、仮審査をしておき、期間を空けて式の間近になってから本審査を受け、借入れするということも可能です。

ブライダルローンの審査が通らないこともある?

融資条件を満たしていないなど、様々な理由で審査に通らないことがあります。
過去の借入れやクレジットカード利用料金、携帯料金の滞納があることが原因の場合もあるため、普段から注意が必要です。

また、既にカードローンなどで借り入れがある場合は、年収と借入額によっては返済してもらえるのか信用できず、審査に通らないこともあります。
審査に通るか不安な場合は、ブライダルローンでの借入れができなかった時のために、カードローンを利用するなどの他の方法を考えておくことがおすすめです。