ブライダルローンの利用条件とは?パートやアルバイトでも借入できる?

パート・アルバイトでもブライダルローンを利用できる?

アルバイト
各社の借入れ条件や基準が異なるため、利用できるところとできないところがあります。中には申込みすらできないところもあるので、注意が必要です。
カードローンなどに比べると、ブライダルローンでのパートやアルバイトの人の審査通過は基本的に厳しいと言えます。
しかし、年収が少なめでも安定した収入があり、返済能力があると判断してもらうことができれば、審査に通る可能性はあります。
ただし、返済の見込みがある金額しか融資してもらうことはできないので、注意が必要です。

なぜパート・アルバイトでは厳しいのか?

ブライダルローンは融資金額が大きくなることが多く、その分安定した十分な収入が必要になります。
それに加え、パートやアルバイトは正社員に比べて解雇の割合が多く、支払い不能となるケースも考えられます。
そのため、パートやアルバイトは借入れ不可と規制されることがあるのです。
また、年収に条件があるブライダルローンもあり、正社員に比べて年収の額が低くなることが多いパートやアルバイトにとっては、厳しい条件となっています。

パート・アルバイトでも審査通過しやすい3つのポイント

少しでも確実に審査通過をするために磨いておきたい条件が3つあります。

年収は200万円以上

明確に条件として書かれていない借入先であっても、審査に通過するためにはこれくらいの年収があった方が安心して申込みができます。
また、借入れる額にもよりますが、年収が多いほど返済時の生活への負担を少なくできるので、収入を多くしておくことは大切です。

勤続年数は1年以上

勤務年数は長ければ長いほど信用性があり、3年以上であれば審査に通る確率が高くなります。
現在働き始めたばかりの人は、最低でも1年働いてから申込みするのがおすすめです。
また、同じ勤務年数だとしても、勤務先を点々としている人より一つの勤務先で長く働いている人の方が審査に通りやすいです。
審査では、借りたお金を返済していくために、今後も安定して働いていけるのかをチェックされているのです。

借金、滞納歴ナシ

現在借入れをしている人や過去に滞納をしたことがある人は、きちんと返済してもらえない可能性があると思われてしまいます。
そのため、現在借入れをしている人は完済してから申込みをするのがおすすめです。
滞納歴がある人は、数年は履歴が残ってしまうので注意が必要です。
また、滞納をしたことがないと思っている人でも、クレジットカードや電話の利用料金を払い忘れたなどで滞納の情報が残ってしまっていることもあります。
よく払い忘れてしまう人は注意が必要です。

審査に落ちた場合

落ちた人
審査に落ちたという情報は、データとして残る仕組みになっています。
この情報は申込みした会社以外も確認することができるため、審査に落ちた回数が多すぎると、新たに申込みした先の審査でもマイナス要素になってしまいます。
何が原因で審査に落ちたのかということは教えてもらえませんが、年収アップをしてみるなど自分なりに状況をよくすることが必要かもしれません。
また、ブライダルローンの審査通過が難しいと考えられる場合は、カードローンやキャッシングを利用する手もあります。
中にはパートやアルバイトでの利用が可能と説明している会社もあるため、ブライダルローンよりも申込みしやすいです。
しかし、年収によって借入れ限度額が決まってくるため、ブライダルローンよりも借入れできる金額が少額となることも考えられます。

まとめ

申込みをする前に各社の条件を確認し、パートやアルバイトでも融資してもらえる可能性があるローンを選択することが大切です。
ブライダルローンだけでなくその他のローンも検討し、自分に合ったところを見つけることが借入れするためのポイントです。